普通の水とは違う水素水

最近、ちらほらと耳に入ってくる"水素水"という言葉。

雑誌やテレビなどでも話題となっているわけですが、水素水とは一体どのような水なのでしょう?

水素水とは、いわゆるミネラルウォーターのことをいいます。
それもただの水ではなく、「水素が豊富に含まれた水」のことです。

これがどうして注目を集めているのかというと、水素がたっぷりと入った水素水は美容アンチエイジング効果がすばらしく、体の健康面を整える効果があると言われ、健康や医療、そして美容医療の分野で注目を集めているのです。

そんなにもすごい水であれば、普通の水を使うよりも断然こちらを使いたくなりますよね。

この水素というのは、分子がとても小さく、他の物質では通り抜けることができない小さな細胞にまでも奥深くまで入っていくことができます。

しかも、この水素水には活性酵素に対抗する力があり、その力が細胞の酸化を食い止める働きになるというのです。

ということは、活性酵素が原因となっておこる老化や病気の発生を予防することにもつながる…ということなのですね。

その昔、「ルルドの泉」という奇跡の水が話題になったことがありました。
ここから採れる水も、水素が通常の水よりも多く含まれていることが判明しています。

この水素水は、人為的に通常の水よりも水素を豊富に含ませることによって、この「ルルドの泉」に近いものとしたといえます。